現金化を利用する際のメリットデメリット

現金化を利用する際のメリットデメリット

クレジットカード現金化のメリットとデメリット

最近よく耳にする事のある、クレジットカードのショッイング枠を現金化する行為。
なぜ最近急増してきているのでしょうか?

このクレジットカードの現金化にはたくさんのメリットが存在しています。
まずは、今ご自身がお手持ちのクレジットカードを利用する事です。それによって特別な審査などを受ける事無く、最短で即時で現金を手にする事が可能になる事です。
また、このことによって現金を手にしたとしても”信用情報”上にキャッシングを行った履歴というものが記載される事が無いのも大きなメリットではあります。実際に利用者が行った行為としては”クレジットカードを使用して物品を購入した”訳であるので"キャッシング"を行った事実が存在しないからです。利用先の情報が残ったとしても、その業者から現金を受け取った事もクレジット会社には知られる事もないでしょう。
加えて、クレジットカードを利用した事によってポイント付与の特典のあるカードであれば、それも加算されるので利用者にとってはメリットづくしとなります。

ただ、ひとつ注意をしなければ行けない事が、メリットが存在する裏にしっかりとデメリットも存在しているという点です。
それは”クレジットカードのショッピング枠を利用して得た現金”であるという事です。
お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、ショッピング枠を利用したという事は、その支払が存在してきます。現金を受け取った次の支払からは、その利用分が加算をされることになるのです。

仮に、ショッピング枠を10万円分利用したとし80%分の現金を手にした際には、8万円が手元に入ります。この時点で2万円の差額が発生します。8万円を手にする為に10万円分の借金をし、それを返済するのです。手元に残る金額は8万円ですが、実際には12万円の損失を受けることになります。
世間ではキャッシングを実際利用するよりも、ショッピング枠の方が低金利でよい。とされていますが、実際の損失はどちらの方が大きいのでしょうか?確かに金利の面では低いかもしれませんが、最終的な支払の面で見ると差が出てきます。
もしも支払時に10万円の金額を一度に支払えない状態であれば分割での支払になり、その分の利息が発生してきます。全部払い終える頃には必要以上の金額になってしまうデメリットが存在してしまうという事をくれぐれも忘れない様にしてください。
クレジットカード現金化のメリット
カードローン即日振込みが今すぐご案内可能

クレジットカードの現金の歴史

消費者金融や銀行のキャッシングの審査が通らない人であっても、クレジットカードさえもっていれば、現金を手にする事ができる”クレジットカードの現金化”。
今でこそ、現金を必要とする人達の間では広まってきていますが、いったいいつ頃からこのような情報が出回ってきたのでしょうか?

実際に正確な出自をとらえる事は困難ではありますが、ニュースなどに情報が流れる様になったのは10年以上前の話になります。特に情報が早いと言われているスポーツ新聞に最初の記事は掲載されました。スポーツ新聞はその時代を映す鏡と言われるほど、年代年代の新しい情報を掲載する事が多いそうです。
その頃は、今よりも消費者金融などが盛んであった時代ですが、現金化を必要とする人達の多くは、その消費者金融も利用し尽くした後だったのではないかと言われています。闇金を選択するのか、現金化を選択するのか。当事者達にとってはとても重要な判断であると言えます。

そもそも、クレジットカードのショッピング枠を現金化はなぜ生まれたのでしょうか?
元来、クレジットカードにはキャッシングの機能が備わっています。ですが、このキャッシング枠というものは、ショッピング枠にくらべ、少額の設定にされている事が多く、キャッシングを利用する方にとっては物足りない枠にされています。また、消費者金融などのキャッシングを利用しようとした際に”審査”が必要になってきますが、現金化を実行するにあたって、事前にクレジットカードを所有していれば審査も何もする必要もなく、早急に現金を手にする事ができます。
これだけのメリットを含んだ現金化ではありますが、きっかけはとても単純で、古物商などを参考にして出来上がったと言われています。換金できる価値のものがあれば、現金を手にする事ができる。至って自然な発想です。
もとは、商品券などをクレジットカードを使用して購入し、それを金券ショップなどで換金をするのが主流であったそうですが、今現在では業者が利用者に商品を購入させ、それを現金に換金する。もしくはキャッシュバックをするといった形式のものが多いようです。ここ数年で、クレジットカードの利用規約に”現金での換金を目的とした利用の禁止”
といった要項が追加されたのが影響ではないでしょうか?
また、今現在もこの現金化を食い止めようと各関係省庁は働きかけを続けているのですが、業者側から新たな方法が生まれてくると言った”イタチごっこ”になっていきそうですね。
クレジットカード現金化の歴史
違法な金利にお困りの方は、ヤミ金相談.jp.net

ホーム RSS購読